婦人

展示会装飾施工業者と協力せよ|システム化及び電子化による効率化

様々なリスクを解消

会社

企業間における金銭債権の主流というのは、指名債権と呼ばれるものでした。指名債権というのは3社間で行われる金銭債権のことを指し、それらの債務決済は主に手形によって行われていました。しかし、指名債権やその債務決済手段である手形には、解決すべき問題点が幾つかあったのです。例えば、指名債権において債権の譲渡が行われた際に、その譲渡情報の管理不備による二重譲渡といったトラブルが発生することがあるのです。手形に関しても、紛失や盗難のリスクがあるといった問題点があげられます。また、手形の作成というのは企業の経理担当者が行います。手形作成作業というのは、とても手間の掛かるもので経理担当者には負担でしかなく、これも解決すべき問題点となっていたのです。電子記録債権の登場により、それらの問題は解決されました。
電子記録債権というのは、債権債務情報の電子化及び手形の電子化を行った新しい金銭債権です。債権債務情報の電子化というのは、電子記録債権を行う第三者機関によって行われ管理されます。そのため、指名債権による二重譲渡といったトラブルが発生しなくなるのです。また、債務者側の企業の存在有無もリアルタイムで明確化されるため、債権譲渡時の債務先不存在といったリスクもありません。手形の電子化に関しては、経理担当者の手形作成業務が大幅に簡単になり、本業への集中化が実現します。また、電子化されたことによって紛失や盗難といったリスクも発生しません。このように、電子記録債権は企業にとってメリットのある画期的な金銭債権なのです。