婦人

展示会装飾施工業者と協力せよ|システム化及び電子化による効率化

顧客満足度とCRM

オフィス

企業の営業部門に勤める営業担当者において、営業戦略というのは非常に重要なものとなっています。営業戦略を立てる際には、顧客接点情報や顧客属性情報について考え、各顧客のニーズについて明確にする必要があります。しかし、それらの情報を活用するためには、営業部門だけで集めた顧客接点情報や顧客属性情報といった顧客関係情報だけではまだ足りません。顧客関係情報を最大限に活用する際には、マーケティング部門やコールセンター部門等の顧客と関わる他部門との連携が大切になるのです。しかし、多くの企業ではそれらの部門間の連携が実現していません。その理由として、各部門において発生した情報の管理方法があげられます。それらの情報の管理というのは、各部門の独立したシステム上で行われます。そのため、全ての情報が部門間で共有されることがないのです。CRMシステムを導入することで、情報共有による部門間連携を実現することが可能です。
CRMシステムというのは顧客関係情報の管理を行うためのシステムで、顧客と関わる各部門で発生した顧客時間系情報を一元管理することが可能となります。CRMシステムの導入によるメリットというのは、顧客関係情報の一元管理だけではありません。CRMシステムは顧客ごとにそれぞれの情報を管理することができるため、見込み客を含む顧客一人一人のニーズに合わせた最適な営業戦略を立てることが可能となるのです。また、その営業戦略に沿った営業活動に伴って、各部門が連携することでより高い顧客満足度の達成を実現することができるようになるのです。